金属する

金・銀の値動きについて考察する為に必要であろう情報知識を個人的に纏めたブログ

2020/11/29 マスクしていないとなんか見てくるけど分かってるからもう見るなって思うのはアダムスミス先輩に聞いたらええ話になる

 

 また久々です、冬ですしマスクしましょうね

 

Monetary Baseは日銀が供給した通貨総量ですが、MoneyStock入るとどうなるんですか?

 

って言われたのでそのことについて書こうかなと思います、結構文字で書くのはめんどいですね恐らくMonetary Baseについては理解しているのだろうという前提で書きますね

 

MoneyStockは、民間の預金・保有の総額をMoney Stockと言います、おっちゃんのころはMoney Supplyと呼んでました、呼び方変わりましたね

 

Monetary Base増加すればMoney Stock増加になるというのが一応の理屈なります、一応と書いたのは実際にはそうなっていません

 

ちなみに、今書いていてその質問がなにを聞きたくてした質問なのか判らなくなってきましたなんでしょうか?えー続けます、Money Stockとして集計するのは以下

 

となります、一般法人と書いていますが以下の企業は集計から除外されます

 

  • 銀行
  • 信用金庫
  • 証券会社
  • 保険会社

簡単に言うと、金融セクター除外ですね

というか書いていて不安になってきたので日銀さんのリンクを以下

 

www.boj.or.jp

 

大体合ってますね、なんでこんなことを知らないといけないのか疑問になるでしょうね、実際知らなくても売買は可能ですが、大局逃します大きいお金の流れには敵いません知っておいて損はないでしょう。

 

実際このMoneyStcokとMonetaryBaseというのは政府の政策と密接で何を目指して政策をしているのかがよく解ります(逆にお前何してんねんってことも出てきます沢山出てきます)

 

おっちゃんは高校生のころ公立で二年生進級するときに理系・文系の選択があるのですが私は理系選択だったので政治・経済は勉強しませんでしたちゅうか苦手でしたね一年の時に現代社会でおおざっぱにあったなぁって感じですね

 

ちなみにこのMoneyStockとMonetaryBaseとGDPGDPギャップと関連があります、GDPギャップについては大ありになります、何故かというとGDPギャップが+になる又は+方向に動くと失業率が下がります(失業率は0%には絶対なりません)

 

インフレとデフレにも勿論関係大ありですね、切り離して考えることはできません、政府のお仕事はGDP上昇と失業率低下というのもあります大切ですね、増税してる場合じゃなかったですね

 

GDP統計も指数だけ見るのは簡単ですが中身をごっつ複雑です、MoneyStockもそうですね中身は結構複雑です

 

GDP=民間消費+民間投資+政府支出+純輸出(輸出-輸入)でしたね

 

ちゅーことでまた